Main Menu
nasi padang

ナシパダン食べてみてはず

nasi padang

パダン料理(パダンりょうり)はインドネシア西スマトラ州各地の料理の総称。ナシパダンとも言う。マレーシアとシンガポールではナシパダンとして知られている。西スマトラ州のカパウ地方のパダン料理はナシカパウ(インドネシア語: nasi Kapau)と呼ぶ。なお、パダンは西スマトラ州最大の都市の名、ナシは飯を意味する。

インドや中近東の料理の影響を受け、肉や野菜のカレーが多い。トウガラシを使った辛い料理が多い。インド料理と異なり、ココナッツミルクで煮込む料理が殆ど。使用される肉は牛肉、水牛、牛の腸、牛の脳、チキン、ダック。淡水魚はフナ、グラミー、タウナギ。野菜の種類は限られていて、キャッサバの葉、若いジャックフルーツ、ジュウロクササゲ、シダ、インゲンマメ、ネジレフサマメノキの豆とナス。一般的なスパイスはトウガラシ、シャロット、ニンニク、レモングラス、ショウガ、ウコン、ウコンの葉、ナンキョウ、コショウ、コリアンダー、キャンドルナッツ、乾燥したキャニモモ。デザートとお菓子以外、砂糖は使わない。サテパダンだけは例外的にクミンとカレー粉を使う。
パダン料理は手で食べる人が多い。食べる前に水の入った椀で手を洗う、又は近くにあるシンクで石けんで手を洗う。

代表的なパダン料理[編集]

ルンダン

デンデンバラド
ルンダン - 牛肉(水牛、ラム、牛の肺)カレー
rendang
グライパク – シダのカレー
パンゲマシン – 魚のカレー
カリオダギアン – 牛肉(水牛、ラム)カレー
グライイティアク – ダックカレー
グライガジェボ – 牛(水牛)の蹄カレー
チャンチャン – 骨付き水牛カレー
グライカンビアン – ヤギカレー
グライアヤム – チキンカレー
グライバナッ(グライオタッ) – 牛(水牛)脳のカレー
サンバラド・タナッ – 蒸したサンバル
デンデンバラド – サンバルで和えた牛肉ジャーキー
デンデンバトコッ – 緑色サンバルで和えた牛肉ジャーキー
dendeng
イカンバラド – サンバルで和えた魚
イカンバカ – スパイシー焼き魚
ゴレンバルイッ – タウナギ唐揚げ
アヤムポップ – 柔らかいフライドチキン

代表的なパダン料理チェーン店
ガルダ(Garuda)
パギソレ(Pagi Sore)
スドゥルハナ(Sederhana)
スドゥルハナビンタロ(Sederhana Bintaro)
シンパンラヤ(Simpang Raya)
シンパンジャヤ(Simpang Jaya)
ナトラブ(Natrabu)

インドネシア人が辛い食べ物が好きだからパダン料理店がどこでもたくさんあります。みんなさんはナシパダンを食べたいですか。
じゃ、インドネシアへ行きましょう!ナシパダンを食べたあとでパサールサンタへ来てね!あそこでBokuno showroomがありますよ!

いつか来てね。また会いましょう。

Leave a Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>