Main Menu

インドネシアでは色々な教があります。 たくさん教のお祝いも行う。 今回は私はクリスマスの文化のついてを記事を書きます。 インドネシアで雪がないので残念ね~ クリスマスの時普通はモールーとかパサールとかどこでもたくさんディズカウントがありますよ! 普通はインドネシア女性はクリスマスの前に真夜中モールディズカウントのイベントへ行って、それから色々な荷物を買います。服とかプレゼントとか食べ物などです。 実はクリスマスの前にモールで満員です~ たくさん人が買い物をしています。 でも私と家族は買い物の時間はレバランの前にです。普通はレバランの前にTHRをもらうのでたくさん人も色々な荷物と食べ物を買いました。 クリスマスとレバランの文化がほとんど同じです。なんでも人間の教は私たちは同じでしょ!いつも優しいなことをしなけれなラりません!天国をもらいたいのため! 戦争のせいでたくさん人は苦しみになってしまった!私にとっては平和のことを法がいいと思います。 MERRY CHRISTMAS! ...

イドゥル・フィトリ祭りはイスラム教の大きな祭りです。今日イスラム人はイドゥル・フィトリ祭りを行う。祝う人はムスリム教徒だけです。この祭りは毎年ィ一回祝われます。イドル・フィトリのときイスラム教徒のすべて家にきっといつもKetupatがあります。ketupatは米で作られています。Ketupatの他には、イドゥル・フィトリ独特の料理はopor ayam やrendang やsayur labuです。すべての料理は美味しいです。味が辛くて濃いです。 イドゥル・フィトリはたいていレバランと言われます。イドゥル・フィトリのとき人々は田舎へ帰ったり、モールと観光地へ行ったり、家の親類縁者へ訪れたリします。イドゥル・フィトリ祭りの日的は自分を清めます。イドゥル・フィトリの・初日に活動は家族と一緒にモスクへ行きます。モスクでみんなはイドゥル・フィトリの礼拝をします。礼拝はたいてい7時に始まります。そのときイスラム教は互いに許します。 この祭りの時、子供たちは親にお金をもらいます。道と道路も寂しいです。 ...

インドネシアではラマダンを終わりました時休みの日がたくさんあって,レバランのお祝いをします。 インドネシアの文化はラダランを終わった時普通家族と会うのためには田舎へ帰ります。その文化は1年中に1回があります。レバランの中にだけたくさん人は田舎へ帰ります。 田舎へ帰ってのインドネシア人交通機関は色々を使います 例えば 車とか、バイクとか電車とかバス、空港です。 それは嬉と面白い文化と思います。私の家族は全部ジャカルタにいますので田舎へ帰りません、私にとってレバラン時全部の人は田舎へ戻ってジャカルタは 寂しいになって渋滞がないので楽しいの日と思います。 ...

こんばんは。もうすぐ2週間にはラマダンと言う断食月が終わります。断食月が終わる前に、会社は従業員にTHRを与えるのが義務のことです。THRって何?THRは給料日と同じ?今回、その問題を答えるために、THRのことについては説明します。  THRとは祝祭日手当と言う意味です。会社はレバラン(断食明け祭日)前の1週間に従業員にTHRのお金を与えるべきです。この手当は宗教を問わず、全ての従業員は絶対に手当のお金をもらいます。この義務は労働移住大臣の規制に基づいて、規制があっておきました。定職社員ではなく、契約社員も祝祭日手当をもらう権利があります。 下記でインドネシアの労働移住大臣規則の2016年の6号、第3条1に基づいて、祝祭日手当について規則で書いておきました。 1.従業員は1年間以上くらいに働いた場合、会社から1ヵ月の給料手当を得る権利を持ちます。 2.従業員は1年間以下くらいに働いた場合、会社から比例的に労働期間に応じて手当お金を得る権利を持ちます。 ...