Main Menu

インドネシアではたいてい、一日に一回だけ家で料理します。だから、インドネシアの家では人々は朝と昼と夜まで同じ食べ物を食べます。インドネシア人が家で一日しか料理しなりのは怠け者だからです。作られた朝の料理は昼食と夕食のために温められます。日本と違います。日本の家では、一日に三回料理します。日本人は朝から夜まで違う料理を食べます。例えば、朝はパンを食べて、夜はラーメンと寿司を食べて、そして夜にご飯と魚とスープを食べます。 新鮮な料理を食べますから。日本人はとても元気です。インドネシアで食べるとき手だけを使ってもいいです。でも日本では箸を使わなければなりません。

Read More

インドネシアではラマダンを終わりました時休みの日がたくさんあって,レバランのお祝いをします。 インドネシアの文化はラダランを終わった時普通家族と会うのためには田舎へ帰ります。その文化は1年中に1回があります。レバランの中にだけたくさん人は田舎へ帰ります。 田舎へ帰ってのインドネシア人交通機関は色々を使います 例えば 車とか、バイクとか電車とかバス、空港です。 それは嬉と面白い文化と思います。私の家族は全部ジャカルタにいますので田舎へ帰りません、私にとってレバラン時全部の人は田舎へ戻ってジャカルタは 寂しいになって渋滞がないので楽しいの日と思います。 普通は田舎へ帰る文化は1-2週間だけです。それからジャカルタに帰って、それから仕事と普通のアクティビティを始めます!

Read More

  こんばんは、みんなさん。今回、インドネシアの伝統的な芸術を紹介します。 私が紹介するのはWayangという芸術です。Wayangは人形の公演の芸術です。紀元前の1500年からありました。昔インドネシアのJawa島と Bali島で発展していました。Wayang の話は伝説や、物語、などによって作られました。Wayangのタイプはたくさんあります。Wayang Golek、Wayang Kulit, Wayang Orangなどがあります。この記事に3つのタイプを説明します。   Wayang Golekは木から作られたWayangで、Wayang Kulitは牛の皮から作られたWayangで。2つのタイプはDalangという人に動かせます。Dalangは竹で作られたハンドルでWayangを動いていました。一人で色々な声を出るのができます。それに対して、Wayang Orangは人形じゃなくて、人が化粧して演技する公演です。Wayangの公演のときインドネシアの伝統的な楽器から音楽は流れています。 以下の写真はWayangの写真です。左にある写真はWayang Kulitの写真で、真ん中にある写真はWayang Orangの写真で、右にある写真はWayang Golekの写真です。 WayangはUNESCOに2003年11月7日にインドネシアの伝統的な芸術にとして認められています。人形の公演は世界中にたくさんありますが、Wayangはインドネシアの独自のユニックなところがあって、UNESCOが認めています。 Wayangの公演を見たことがありますか?ジョグジャカルタのSasono Hinggilによくありますよ。ジョグジャカルタに来たら見に行きましょう。

Read More

  昔のインドネシアのゲームはたくさんあります。一番昔は「Egrang」です。Egrangは竿で作られています。2つの竿を紐で結ばれています。竿の長さは2メトルです。昔のEgrangの使いは方洪水時、水を濡れないようにこのEgrangをよく使っていました。 Egrangを上る時、バランスがあまりなくて、落ちやすいです。難しいですが、楽しいと思っています。そして、インドネシアの独立記念日にこのゲームはコンテストになります。コンテストは「Balap Egrang」という名前です。たくさんの子供たちがEgrangに上っています。現代のインドネシアの子どもはインドネシアの伝統的なゲームをあまり遊びません。なぜかというと、今、モダンで、たくさんのモダンのゲームがあって、残念で伝統的なゲームをあまり遊ばないんです。   今の子どもはなぜ自分の伝統的なゲームを選ばないのか?それはたくさんのモダンのゲームが便利で、面白くて、大体コンピューターを使っているからです。伝統的なゲームをするのはたくさんの友達が集まり、そして一緒に遊んでいることができたり、喜んでなります。さあ、伝統的なゲームを遊びましょう!皆さん、Egrangをやってみようか?^^    

Read More

インドネシアの祭りはたくさんあります。今回、私は「サトゥスロ」祭りを紹介します。サトゥスロはインドネシアの伝統的な祭りです。サトゥスロはイスラムの新年に行われています。インドネシアではよく行われている町はジョクジャカルタです。 ケリス聖剣の中に住んでいるお化けがいると皆が言います。そういうわけで、「ケリス聖剣」を持っている人がこの祭りに聖剣をきれいにしなければなりません。きれいにし方はケリス聖剣をバラのお水できれいにします。         さらに、イスラムの新年の前の夜から新年の朝まで皆が話してはいけません。この儀礼の名前は「Tapa Bisu」と言います。なぜでしょうか?皆が話しないで、神様に恵まれていることが信じています。サトゥスロではジョクジャカルタの町を王宮の牛が練り歩きます。     祭りの日にはジャワの伝統的な服を着たり、「ナシトゥンペン」を食べたり、花火もあり、とてもにぎやかな祭りです。ナシトゥンペンは黄色のご飯で、形はまるい山です。味がとても美味しいですよ。サトゥスロの夜はたくさんのお化けが出て、怖いりを信じていますが、私に怖くても面白い祭りだと思っています。

Read More

インドネシアではたくさんきれいな町があります。今回東カリマンタンの「Tenggarong」町を紹介します。Tenggarongは東カリマンタンにあります。Tenggarongは小さな町ですが、自然がたくさんあってきれいな町です。Tenggarongでは日本の文化とポップカルチャーが流行っています。日本のバンドやダンスやコスプレなどのコミュニティーがたくさなります。Tenggarongでは、日本の文化があるのみならず、Tenggarongの文化があります。例えば、祭りや、観光地などがあります。 Tenggarongの祭りは「Erau」という祭りの名前です。ErauはTenggarong町の誕生日で一年一回一週間に行われています。とてもにぎやかだし、どこにもの人々がこの祭りに出し、面白いと思います。       ちなみに、Tenggarongの観光地もとてと面白いと思っています。観光地は「Mulawarman」美術館や、「Tuah Himba」木の美術館や、「Pulau Kumala」などです。一番ユーニックな観光地はPulau Kumalaです。 Pulau Kumalaは小さな島が「Mahakam」川の真ん中にあります。とてもきれいで面白いと思っています。じゃ、来てみて下さいね。~

Read More

みんなさん、普通は何で食べますか?スプーンですか?それとも、箸ですか?手で食べたことがありますか?インドネシア人は手で食べ方があります。手で食べたことがありますか? インドネシア人は昔手で食べました。今も、スプーンや、箸などが知っていてもよく手で食べています。右手を使います。「右手はいいことを、左手は悪いことをする」という考え方がありましたから。そして、全部の手ではなく、指だけを使います。外国人にとって汚くて難しそうだったが、インドネシア人には簡単でもっと美味しく感じます。 手で食べる前にぜひ手を洗ってください。普通は親指と、人差し指と、中指と、薬指を使います。まず、人差し指と親指で食べ物をとります。そして、親指と、人差し指と、中指と、薬指で食べ物を握って口に入れます。口に入れるとき、親指を使って、食べ物を手から口に押します。もっと詳しく知りたいなら以下のビデオを見てください。

Read More

世界中で子供の遊びは色々があります。隠れん坊や、鬼ごっこなどです。今回、私は「ジャンケン」という遊びを紹介します。 「ジャンケン」は世界各地にあります。日本の「ジャンケン」は手を握る「グー」が「石」を、指を二本出す「チョキ」が「はさみ」を、手を開く「パー」が「紙」を表すのです。グーはチョキに勝手、チョキはパーに勝って、パーはグーに勝って、このルールで「ジャンケン」をします。 インドネシアにも似ているゲームがあります。それは「Suit」というゲームです。ジャンケンと似ていますが、Suitには人差し指が「人」を、小指が「アリ」を、親指が「象」を表すのです。ルールは「人」は「アリ」に勝って、「アリ」は「象」に勝って、「象」は「人」に勝つのことです。 Suit とジャンケンは鬼ごっこですれば鬼を決めるためにします。負けた人は鬼になります。それだけでなく、大人も何かを決めるときSuitかジャンケンをします。現代、イベントでもSuitとジャンケンの大会が行います。

Read More

  世界中で流行っている音楽のジャンルはたくさんあります。ジャズや、ロックや、ポップスなどがあります。流行っている音楽のジャンルは国によって違います。音楽のジャンルは国の独自になって、色々な影響を与えます。 インドネシアの独自のジャンルは「Dangdut」というジャンルです。「Dangdut」はインドの音楽が与えたインドネシアの音楽のジャンルでした。1968年にインドネシアで生まれました。インドの影響がこのジャンルに本当に強かったです。このジャンルは「Gendang」という楽器を使います。ギターや、ベースギターや、サクソフォーンなども使います。 「Dangdut」はインドネシアで1970年から今まで流行っています。インドネシアの独自の音楽のジャンルになります。一番有名なDangdutの歌手はRhoma Iramaです。Rhoma IramaはDangdutの王様と呼ばれています。1970年から今までRhoma Iramaの音楽はよくヒットになりますから。 昔から今までもイベントでDangdut音楽がきっとあります。Dangdut があればたくさんの人が来るですから。インドネシア人はDangdutが大好きです。大人、若者、子供もDangdutが好きです。今、インドネシアだけでなく、世界中にもDangdutが流行っています。アメリカや、ドイツや、マレーシアなどでDangdutが広めます。それはインドネシア人の誇りです。

Read More

インドネシアには色々な文化があります。 たくさん他の国もずっといい文化があります。 みんなさんの国でお母さんを手伝って文化がありますか。 インドネシアではあります。 インドネシアでは家に息子(女性)のためにお母さんの仕事を手伝ってのことは義務と思います。 その文化は子供から教えていました。 インドネシアには息子のためにお母さんの仕事をいつも手伝っています。 例えば、 掃除をして市場へ行くと料理をすることです。 その仕事をインドネシア息子のために義務によると思います。 たぶん、時々大変と思いますがその文化は未来のためにいいと思います! 結婚をしましたと子供がいるときインドネシアの女性はその仕事をしてはびっくり をしていませんになっています、:D お母さんは赤ちゃんから私たちは教育をしてので私たちはお母さんをいつも手伝ってがはずと思います。 その手伝ってのことを義務だけじゃないかも、それの手伝っては愛についてと思います。 愛からこのお母さんの仕事を手伝っています! お母さんが愛してる!

Read More